色あせてきたお気に入りの黒いコートをダイロンで染め直ししてみた

色あせてきたお気に入りの黒いコートをダイロンで染め直ししてみた

\ この記事をシェアする /

以前、こんな記事を書きました。
色あせてきたお気に入りのコートをダイロンで復活させてみたい

色あせてきたお気に入りのコートをダイロンで復活させてみたい


1月のある日、やってみたくなっちゃったので、ダイロンを使った染めものに初めて挑戦しちゃいました。

ちょっと大変だけど、楽しいぞ、染めもの!

準備!用意したもの

今回染めてみた、黒のコートは920g程度でした。

  • ダイロン プレミアムダイ Col.12 Velvet Black 4袋

1袋で250gの衣料が染められるので、4袋です。
ダイロン プレミアムダイ

  • ダイロン カラーストップ(色止め)1袋

なくてもいいんですが、色が黒(濃色)なので、ちょっと色落ちが怖いなと思いまして。これは1袋で1kgの衣料に対応できるので、1袋。
ダイロン カラーストップ

  • 塩(1kg)
    プレミアムダイ1袋につき、塩が250g必要です。
    塩1kg

  • お湯(50度くらいなので、給湯器から出るお湯をそのまま使用)

  • ビニール手袋
  • バケツ
  • 520ml程度のペットボトル空容器
  • 割り箸 4膳くらい
  • プラスチックの衣料ケース
  • ぞうきん(染料が飛び散ってもすぐ拭けるように)

服装はどうしようかと思いましたが、上は捨てようかと思っていたヒートテック、下はもともと絞り染めしてある、黒がメインのアジアンなパンツで挑みました。「これなら、多少汚しても、よく分からんだろ!」と(^_^;)

万が一のことも考えて、服は汚れても(染まってしまっても)いいもので。

風呂場でレッツ!染めもの!!

ダイロン プレミアムダイ 説明まず最初に!

今回はダイロンのプレミアムダイを使っています。天然素材用で、比較的低温でも染められる染料です。その他染料で、同じやり方でやると大惨事になる恐れがあります。プレミアムダイを使ったとしても、なにかしら問題が起こる可能性は否定できませんので、自己責任でよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今回は風呂場で作業しました。常にお湯が必要ですし、染料飛び散ったら、水ですぐに流せるように。

1.コートを洗濯する

水で濡れていないとダメということで、まずはコートをお洗濯。洗濯機のドライコースモードで普通にお洗濯。

2.染料をつくる

まずはお風呂の排水溝のフタ(網目状のもの)を外して、染料づくり。フタが汚れたら、あまりにも汚れ取るのが大変そうだと、あらかじめ外しました。

ビニール手袋をはめて、520ml程度のペットボトル空容器にプレミアムダイ1袋の中身(粉末)をざざーっ。そして、お湯を入れます。割り箸で混ぜ混ぜします。

おぉ、墨みたいな。真っ黒な液体が。

底に結構溶け残った染料が…。ぜ、全然溶けない。固くなってる(;゚∀゚)き、気にせずに。
染め粉が底に固まった容器混ぜ混ぜしたら、バケツにざばーっ。これを4回。

染料できました。この時点で、いろいろなところに染料が飛びまくる。時折水で流しながらの作業です。これからの作業も常にそんな感じです。賃貸だからね!染まっちゃうと本当にまずいからね!!(;´Д`)

バケツたっぷたぷです。アウターだと使う染料の量もハンパない。

3.コートを浸す液をつくる

作業する前にいろいろ検索していたところ、「プラスチックの衣料ケースで染めるといい」という記事を発見し、これなら家にあるからいける!と思いました。

そんなわけで、あらかじめ空にしておいた衣料ケース。これを浴槽内に置いて。

染めものに使った衣裳ケース
透明なので、浴槽と同化してますが…

お湯と塩1kgと染料をだばーっ。…お湯、袋に書いてある量入れたら明らかにあふれるな…。いいか、コートが液体に浸かれば…。染料は適当だけど、説明に書いてある濃度でつくってあるし。そして、混ぜ混ぜ。
染めものに使う黒い液体
おぉ、真っ黒!暗黒!!混沌(カオス)!!!

4.コートを入れて15分もんだ後、45分放置。

15分もむのも、地味に疲れる。

そして、辺りはこんなおどろおどろしい状態に…(;´Д`)
染めもの中の辺りの惨状
染めもの中の辺りの惨状
染めもの中の辺りの惨状45分放置する間に、あらゆるところについた黒い液体を洗い流してました。証拠隠滅も大変だぜ…!(そんな気分にもなります)

たまにコートをモミモミ。ムラになってもいけませんしね。今回は染め直しなので、そこまで気にならないと思いますけども。

5.染料を捨てる

染料の量が量なので、重さで染料の入った衣裳ケースを浴槽から外に出すこともできず、直接排水口に流し入れようとしていた染料を、浴槽内にぶちまけました。

ざばーーーっ!!!
(浴槽内真っ黒)

間髪入れずに
ざざーーーーっ!!!
(シャワーの水で洗い流す)

そろそろお気づきでしょうが、使うお湯と水の量がハンパないです。水道料金とガス代の請求が怖い…(((; ゚ー゚)))

5.お湯を何度か入れ替えて、すすぐ!

さて、すすぎます!

お湯黒い!まだ黒い!!ずっと黒い!!!(;゚∀゚)
コート染め直し途中さすが黒。すべてを覆い隠す、魔物の色!ちょっとやそっとじゃ、すすぎきれません。お湯を5回くらい入れ替えて、ジャバジャバ。なかなかの重労働。

コートは水を吸って重くなってるし、水ももちろん重い。染料のいらぬ飛び散りも心配…!このときが一番大変だったかな。

6.カラーストップで色止め

さて、ここで。カラーストップの出番です。
ダイロン カラーストップカラーストップは液体でした。これをあらかじめ用意したお湯に溶かして、コートをザブン。

15分放置。

そして、またすすぐ!

うわっ!すごい!!カラーストップしただけで、暗黒だった水が透明になった!!!
カラーストップ投入後の水
カラーストップ投入後の水さすがですね。なんてことでしょう。劇的ビフォアアフターですよ。やっぱり、カラーストップ買っておいてよかったな。濃い色で染める場合はカラーストップ買っておいたほうが無難ですね。

その後、脱水して干しました。

お風呂内は染料で汚れているところがないかチェック。「少し黒ずんでる?」と思ったところはメラミンスポンジでこすり洗い。汚れは綺麗に取れました。放置はしないほうがいいでしょうけどね(^_^;)

染めてみて思ったこと

結構作業時間がかかる

染料つくって、待って、掃除して…という作業をすべて含めると5時間くらい。時間があるときにやることをおすすめします。

ただ、今回コートだったのでね…。染料1袋で染まるような重さの衣料(Tシャツとか、ブラウスとか?)であれば、結構気軽にできる気がします。衣類ケースではなく、大きめのバケツがあれば染められそう。

近日中に大事な用事がある場合は作業を避けるべき

無事に作業完了したかのように書いてますが、実は、やらかしています。

…て、手がゾンビ(> _ <)
手も染まってるビニール手袋をしていましたが、染料がおそらく手首側から、いつの間にか内部に侵入したようで、手が染まってしまいました(T-T)

爪ブラシでゴシゴシしたり、お湯でふやかしてみたりしましたが、やっぱりすぐには落ちない!特に手のシワや爪周り、全然取れない!
手がゾンビ結局3・4日は、うっすらと暗い手だったので、直近で重要な用事(冠婚葬祭とか?)がある方は、もしやるのであれば、本当に気をつけたほうがいいと思います(^_^;)

イベントなどの直前にやらかしてしまったレイヤーさんは、当日は手袋でもしてごまかしましょう(笑)

黒さが蘇ったコートは気分がいい!

染まり具合ですが、確かに染まっていますが、布の端の白っぽい感じは完全にはなくなりませんでした。
コート染め直し後
コート染め直し後ただ、全体的に黒さがぐっと増してる!全体的に退色していたんですね。染めてみるまで気になってなかったけど。全然雰囲気が違います。キリッと引き締まりました!(`・ω・´+)これで、まだまだ着られるぞ〜!

あ、ちなみに後日の水道代やガス代請求ですが、特に「普段と変わって異常な金額に!(;´Д`)」 ということはなかったです。むしろ、特に影響がなくてビックリしたくらい。何故だ…。だからといって、決して「水道代やガス代はそんなに気にするな!」とは言えませんが。

黒染め以外もきっと楽しい

白っぽい服なら、少しシミがついてしまったり、飽きてきたら、他の色に染め直してみるってのも、ありですね。色が違うだけで、全然雰囲気が変わりますし。デザインが気に入っているならなおさら、また違った雰囲気で着るのも楽しいでしょう。

染めものについて気になった方は、ダイロンジャパン公式のブログがかなり充実しているので、そちらも是非とも読んでみてください。黒染めについての記事ももちろんありますよ。

プレミアムダイで染め直ししよう!!~黒染め~(ダイロンジャパン公式ブログ)

気に入って着ていた洋服や、使っていた布小物が色あせてきた!汚してしまった!そんなとき、染め直しができそうな素材なら、染め直ししてみては?さらに愛着が湧くかも!?

麻生直(@nao_liqcu)でした。

\ この記事をシェアする /